2017年12月12日

コーキングの膨れ

businessman6_bikkuri.png

コーキングの膨れが発生してしまうことがあります。

膨れと言うんはちょうど人間が蚊に刺された後のようなぷっくりとしたふくらみになります。

膨れが発生すると見栄えが悪いのはもちろんですが、強度の問題にもなりあまり楽観視ができません。

とくによろしくない現象としては、その膨れが肉厚ならまだいいのですが、ペラペラの状態の場合は充填不足が原因として考えられます。

つまり充填した人の腕が悪いということですね。


このような場合はコーキングを充填した業者に打ち直しを依頼することをオススメします。

できればコーキングを打ち直した後にすぐに全てを確認して、エアーが入っていないかを確認するといいですね。
ラベル:コーキング 膨れ
posted by まさよし at 21:15| Comment(0) | コーキングの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。