2017年12月16日

コーキングで30年?

akutoku_shouhou_denwa_kanyu.png
[外壁のメンテナンス] ブログ村キーワード

コーキングで30年持つ商品ってあるのでしょうか。

今の一般的な外壁のコーキングは5年程度から劣化がひどくなり、10年に一度は交換が必要と言われています。

そうなると外壁塗装が10年ぐらいしかもたないので、結局外壁塗装とコーキング打ち直しを同時にやることになります。

ですがもしもコーキングが30年持てばメンテナンスコストを下げることが可能ですよね。

そこで大手サイディングメーカーのニチハとケイミューが出しているのが以下の通りです。

ニチハ →  プラチナシール
ケイミュー → スーパーKMEWシール

これらは30年間の耐用年数があると公式ページでもうたわれていますが、実際に製品が世に出されてからまだ30年が経過していないので実績はありません。

ただ個人的は無名のメーカーが作って「30年持ちます!」とうたっているようなコーキング剤よりははるかに信用ができると思います。

ニチハもケイミューも上場企業なので信頼を失うと経営を継続できませんし、大手は色々な試験を繰り返して合格したものを市場に投入しています。

やはりできるだけ長く持つコーキングであればプラチナシールかスーパーKMEWシールですね。
ラベル:30年 コーキング
posted by まさよし at 18:58| Comment(0) | コーキングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。