2017年10月15日

コーキング ヘラ


コーキングのヘラを選ぶ際に重要なのはまずはなによりも「大きさ」と「材質」です。

大きさを間違えると作業がすごくし辛くなり、上手にコーキングを打つことができず、作業時間も余計にかかり仕上がりも悪くなります。

また材質はコーキングの切り易さが全く異なるので、このポイントも作業上重要です。


本当は形も大事なのですが、今回の記事では中でも一番影響の大きさと材質から書いていきます。

nn4_uXDO854CNH41508051029_1508051058.jpg

上記のイメージをみていただくと、左からハケの幅が5、10、15mmと広がっていきます。

まずはコーキングを打つスペースの幅をしっかりと図ります。

その幅よりもやや小さめのヘラを選ぶことで綺麗にコーキングを打つことができるようになるんです。


細い幅に対して大きな幅のヘラや太い幅に対して細い幅のヘラを使うと上手に仕上げることができません。

ちゃんと溝の幅に合わせたヘラを選ぶことで作業効率は大幅に変わるので、まずはこの大きさに注意をしてみてください。



次に、以下のイメージを見てください。

u15tW3neyf_MPM_1508051503_1508051528.jpg

これはどれもコーキング用のヘラですが、左からステンレス、プラスチック、スポンジと材質が異なります。

ステンレスとプラスチックは王道ですが、材質上硬いため最後にコーキングを切るときに柔軟性が無く切りにくいです。

ですが、スポンジのほうは柔軟性に優れており、コーキングを切るのがとても簡単にできます。

ある程度はプラスチックやステンレスでもできますが、スポンジを用意しておくといざという時に切りやすいです。


ちなみにスポンジヘッドはホームセンターで打っているので、それをあとは割りばしなどに括り付けて使う半DIYになります。


以上、コーキングのヘラについてでした。
ラベル:コーキング ヘラ
posted by まさよし at 16:17| Comment(0) | コーキング ヘラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。