2017年12月21日

外壁 コーキング 掃除

ojisan3_question.png
外壁のコーキングの掃除はどうすればいいのでしょうか。

外壁のコーキングは本当にデリケートに扱わないと痛めてしまい、その結果打ち直しになることもあります。

少しでもひび割れているところに水圧などがかかると裂け目が広がり、そのから雨水などが侵入するようになってしまうので補修工事が必要です。

基本的にコーキングは濡れた布などで優しく拭く程度にしか掃除ができません。

できれば掃除はしないで放置をした方が無難だと思いますので、よほどのことが無い限りはそのままにした方がおすすめです。


特に高圧洗浄などの圧力の強い水をかけないようにしてください。

劣化の状況によっては一瞬でコーキングが台無しになってしまうことがあります。
posted by まさよし at 21:14| Comment(0) | コーキング 外壁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

コーキングの寿命

kouji_caulking.png
[コーキング] ブログ村キーワード

コーキングの寿命はどのぐらいなのでしょうか。

家を持つようになるとそのメンテナンスにコストがかかりますが、外壁塗装だけではなくコーキングもメンテナンスが必要な部分になります。


その寿命ですが、打ってから10年と言われていますが実際は環境や前回の施工によって異なり、ひどい時には5年で劣化する場合があります。

コーキングを見てみて割れ目や裂けめ、剥がれなどが発生している場合はすでに寿命を迎えています。

放置しておくとその裂け目などから雨水が侵入してしまうので、早めにメンテナンスをするようにしましょう。
ラベル:コーキング 寿命
posted by まさよし at 17:24| Comment(0) | コーキング剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

コーキングで30年?

akutoku_shouhou_denwa_kanyu.png
[外壁のメンテナンス] ブログ村キーワード

コーキングで30年持つ商品ってあるのでしょうか。

今の一般的な外壁のコーキングは5年程度から劣化がひどくなり、10年に一度は交換が必要と言われています。

そうなると外壁塗装が10年ぐらいしかもたないので、結局外壁塗装とコーキング打ち直しを同時にやることになります。

ですがもしもコーキングが30年持てばメンテナンスコストを下げることが可能ですよね。

そこで大手サイディングメーカーのニチハとケイミューが出しているのが以下の通りです。

ニチハ →  プラチナシール
ケイミュー → スーパーKMEWシール

これらは30年間の耐用年数があると公式ページでもうたわれていますが、実際に製品が世に出されてからまだ30年が経過していないので実績はありません。

ただ個人的は無名のメーカーが作って「30年持ちます!」とうたっているようなコーキング剤よりははるかに信用ができると思います。

ニチハもケイミューも上場企業なので信頼を失うと経営を継続できませんし、大手は色々な試験を繰り返して合格したものを市場に投入しています。

やはりできるだけ長く持つコーキングであればプラチナシールかスーパーKMEWシールですね。
ラベル:30年 コーキング
posted by まさよし at 18:58| Comment(0) | コーキングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。