2017年12月01日

コーキングが乾かない


コーキングがどうしても乾かない時があります。

これを「ブリードが起きている」と私たちは呼んでいますが、問題はコーキングのタイプで「ノンブリード」タイプを選んでいないことが原因と思われます。

普通コーキングは上から塗装を塗ると時間の経過で塗装が乾き、表面がツルツルとしてきます。

ですがノンブリードタイプのコーキング以外のコーキングの上から塗装を塗ると、いつまでも塗装が乾かなくてベタベタしている状態が続いてしまうことがあります。

気温が高い方が乾きやすいですが、ノンブリードでないとやはり厳しい場合が多いですね。

そのため外壁塗装でコーキングの上から塗料を塗る場合はノンブリードタイプを選ぶようにしてください。






posted by まさよし at 12:12| Comment(0) | コーキング 乾燥時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

コーキング雨の中は?

[コーキング] ブログ村キーワード

コーキングで雨の中の作業はどうなるのでしょうか。

まずコーキングは防水性能があるので、もしも壁が濡れているとうまくコーキングが乗りません。

防水性能があるので水があるとはじいてしまい接着しなくなってしまうんですね。

そのため雨の日の作業は避けるべきなのがコーキングの施工です。


よく雨が降りそうになると業者さんはヒトを増やして一気に片づけるところもあります。

ですが人海戦術が効果があるのは冬場以外で、冬場はいくら大人数で打っても乾くまでに二日ほどかかることもあるので午後に雨が降るのであれば適していません。


ではコーキングが雨に流れることはあるのかについてですが、雨に溶けて流れてしまうのはアクリル系のコーキングになります。

一言にコーキングと言っても十種類以上あるのですが、住宅の外壁に使われるようなシリコンやポリウレタンなどは雨水に濡れても溶けて流れることは無いのでご安心ください。
posted by まさよし at 23:14| Comment(0) | コーキング 乾燥時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

コーキングのマスキングを剥がすには?

コーキングのマスキングを剥がすにはどうすればいいでしょうか。

マスキングは剥がしても粘着性があり、また長いのでコントロールできずに壁などにくっついてしまいます。

効率的に剥がすにはどうすれば良いのかと言うと、実は現場ではこんなアイテムが使われています↓




段ボールの筒にビニールを巻き付けて、そこにマスキングテープを巻いていく方法ですね。

これをつかうと効率的にマスキングテープをはがしていけるのでとても便利です。

とても簡単ですしコストもかからないのでやってみてください。
posted by まさよし at 21:09| Comment(0) | コーキング 剥がし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。